2018年09月17日

秋の期間限定メニュー堪能しました

こんにちは、宿泊料飲部のNです。

今回は盛岡にあるSAIEN COFFEEというカフェに
行って来ました!

R_140035585-2.jpg

ここではシャインマスカットをふんだんに使ったパフェが楽しめます。
R_DSC_0085.jpg

マスカットが山のように盛られた下には、
濃厚なバニラアイス、女性ウケするフルーツグラノーラ、
さらに底には酸味のあるレアチーズケーキと、大満足の一品でした!
20180914_スタッフブログ3.jpg

お値段は900円!
秋の味覚ぶどうを充分堪能することができます。

残念ながら、シャインマスカットパフェは期間限定メニューで
9月16日に終了してしまいますが、
通常メニューでもコーヒー付きのデザートプレートなど
魅力あるメニューがあります。

日曜日は定休日で、普段は朝9:00〜16:00まで営業しているようなので
ぜひ盛岡に来た際は訪れてみてはいかがでしょうか?

秋はまだまだこれから、たくさん美味しいものがでてきますので
もっと色んなものを食べていきたいですね(笑)


宿泊料飲部 最近体重の増加が気になる K.N

posted by 花巻温泉スタッフ at 10:00| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

花巻まつりと宮沢賢治

みなさん、こんにちは。
宿泊料飲部Sです。

9月7日から9日の3日間、当地花巻では年に一度のお祭り、
花巻まつりが開催されました。

30_1.jpg

お祭りのレポート!などしたいところですが、
期間中は仕事でしたので、別のテーマを書きたいと思います。

今から80年以上前の昭和8年。

病床にあった宮沢賢治は、宮沢家の近くで行われていた花巻まつり
(その年は9月の17、18、19の3日間開催だったそうです)を
門口まで出てきてみたり、鹿踊(ししおどり)を見て楽しんだそうです。

また、花巻まつりといえば「3日間のうち一度は雨がふる」とか
「花巻まつりに台風がぶつかる」という伝説?がありますが、
この年は3日間とも快晴だったらしく、宮沢賢治もそれを短歌に詠んでいます。

方十里 稗貫のみかも 稲熟れて み祭三日 そらはれわたる
※稗貫は花巻が属していた郡のことです。

豊作イメージ.JPG

お祭りが晴れ渡る空のもと行われて
稲穂が実っている様子が目に浮かびますね。

残念ながら、賢治はそのすぐ後に亡くなってしまいます。
ですが、彼の残した童話や詩は今もたくさんの人に愛されていますね。

ちなみに花巻温泉のバラ園は宮沢賢治の設計した
南斜花壇が基になっていて、彼が設計した日時計花壇も敷地内にあります。

日時計花壇.03_k.jpg

花巻温泉にお越しの際には見ていってもらえると嬉しいです。

今回の花巻まつりは曇り空や雨模様でしたが、
花巻市民は大盛り上がりでした!!

それでは。


宿泊料飲部 お祭りの時は屋台めぐりをするのが好き H.S

posted by 花巻温泉スタッフ at 10:50| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

暑いので鍾乳洞へ

こんにちは、佳松園のSです。

私は夏が大嫌いです(汗)冬が大好きです。
理由は・・・・・・だからデス。(すみませんが皆様のご想像にお任せします)

9月に入り、涼しくなってきましたね。

でも、今年の夏は暑すぎました。
しかも、岩手県は寒暖の差が激しいところなので、日中は暑く、朝晩は寒く、
猛暑日の1週間後は最高気温が20℃届かなかったりと・・。

こういう暑いときは、鍾乳洞に行くことをおすすめします。
岩手県は龍泉洞が有名ですが、今回は住田町の滝観洞(ろうかんどう)に行ってみました 。

外気温30℃、洞内は9℃!!寒いです。
逆に冬は暖かいそうです。

龍泉洞と違うのは、長靴、ヘルメット、ウインドブレーカーを着用して
入らなくてはならないこと。(貸してくれます)

写真1.jpg

こういうところを歩くからです。冒険好きにはたまらないです。

滝観洞は大理石からなる鍾乳洞です。
入口から880mくらい歩くと、高さ60m、周囲50mのドーム状の空間にたどり着き、天井の大理石の裂け目から落差29mの滝が流れ落ちています。

「天の岩戸の滝」といいます。

写真2.jpg

写真3.jpg

花巻温泉から滝観洞まで、お車で約1時間半。
皆さまぜひ、お出かけください。

ちなみに私が東京に行ったときは、奥多摩町の日原鍾乳洞にも行きます。
新宿から電車とバスで約2時間半です。
ここもよい避暑地です。


佳松園 営業課 実は昨日誕生日でした K.S

posted by 花巻温泉スタッフ at 12:00| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする